立川広己画伯作・浮遊する物体

 立川広己画伯作「浮遊する物体」は、
洋画家・現代美術家・専業画家、立川広己画伯の、代表作品である。
 本作品、立川広己画伯作「浮遊する物体」は、
2013年(平成25年)の自由美術展にて発表された作品であり、
以下のような位置づけの作品だといえる。すなわち、


 本作品立川広己画伯作「浮遊する物体」は、
佐伯祐三画伯の作品群、フォーヴィスムの影響を色濃く受けている他、
実存主義の影響をも受けていると思われる作品である。
題材として、死から生の意味を問うている作品である。


本作品立川広己画伯作「浮遊する物体」は、
洋画家・現代美術家・専業画家である、立川広己画伯の作品群のうち、
以下のような位置づけにあたると考えられる。
すなわち、特定のテーマだけにとらわれず、
様々なジャンルの絵画を自由奔放に描く洋画家・専業画家、
立川広己画伯の作品群のうち、
画廊やデパートにて主に発表され続けている、
いわば、売れっ子の作家として桜などを描いた、明るく華やかな作風の一連の作品群は、
「沢山のファンをもつが」(雑誌「美術の窓」2013(平成25)年2月号、218頁より)、
それとは、全く対極をなす作風の、作品群に分類される作品である。


 立川広己画伯作「浮遊する物体」は、
以上のような位置づけの中、
暗い、人間をモチーフにした代表作品群に属する作品である。


 「浮遊する物体」の作者立川広己画伯本人により、
生と死をテーマにした大作群を発表し続ける場と、位置付けられた、
自由美術展、2013年(平成25年)での発表作品である。

 以上のように、自由美術展で発表された立川広己画伯の作品群の中で、
更に、細分類化された作品群領域と説明される、
「トルソをモチーフに、霊的な雰囲気を携えた大作」
(生活の友社『必見!!1年まるごと保存版。今年の展覧会300。
美術の窓2019年1月号。No.424』279頁
「画業45周年をこえて〜立川広己の世界展―華と風景―」より引用)群に属する、
立川広己画伯の代表作品である。

立川広己画伯
立川広己画伯作『ピナイサーラの滝』
立川広己画伯作『浮遊する物体』
ストリートピアノ
リンクページ
当サイトTOPページへ

当ページ 先頭に戻る

2019(令和元)年11月01日(金)
2019(令和元)年10月31日(木)
2019(令和元)年9月01日(日)
2019(平成31)年4月20日(土) bibou.hariko.com 美貌張子 4 立川広己画伯浮遊する物体